タイトル JL3YRT Callsign picture
 HOME  クラブについて  動画News  活動News  QSLギャラリー  しんぶん  ロンビック  ARISS  サポーター  掲示板
    
西堀榮三郎記念探検の殿堂 無線倶楽部について

  倶楽部(クラブ)がめざしていること

   =アマチュア無線を通じて西堀精神を次世代に継承し、新しい科学文化を地域に創生する=

   近年、通信の手段が主に携帯電話やインターネットに移行したとはいえ、アマチュア無線家たちの持つ知識・技術を活かして通信の原理や仕組み、通信技術を子どもたちに伝えることは、 探検の殿堂がめざす 「科学技術に興味・関心を持ち、更には自らが知識や技術力の向上に意欲的に取り組むような子どもたちを育成していく」 ことに対し、 大いに寄与すると考えています。

Sorry, your browser doesn't support Java(tm).
  


  無線や電気に興味があるキッズ(子どもたち)は集まれ!
   アマチュア無線や鉱石受信機、また電気工事、エレクトロニクス全般(パソコンはヲジさんは苦手なので勘弁してください)に興味がある子どもたちや青少年を当クラブでは大募集しています。  ヲジさんから無線や電気について習いませう!勿論、親子での参加も大歓迎です。まず体験しましょう、手とり足取り確実に身につくまで徹底的にいきた知識と技能をお教え致します。デバッグ中サンプル文です。
  

連絡・お問い合わせ先: 〒527-0135 滋賀県東近江市横溝町419番地 西堀榮三カ記念探検の殿堂内 
                    無線倶楽部事務局 担当:角川、武藤、 電話:0749-45-0011 FAX:0749-45-3556


  
*クリックで拡大表示

  国際宇宙ステーションの宇宙飛行士と交信しよう!

   子どもたちが国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士とアマチュア無線で交信する 「ARISSスクールコンタクト」の実現に向けて準備を進めています。 スクールコンタクトは、NASA(米国航空宇宙局)の教育プログラムの一環として実施されており、 世界各国の子どもたちが宇宙飛行士との無線交信を通して宇宙の神秘や宇宙船での生活などについて学んでいます。 国内では2001年に入間市児童センター無線クラブが初めて交信に成功して以来、各地の学校や公共団体等で行われています。

 2009年末に実行委員会を設置して準備をスタートし、1月5日には関係機関に申請書と実施計画書を提出し、現在、認可待ちとなっています。 実現すれば滋賀県では初の交信となります。
 対象は4月で小学3年生〜中学3年生までの児童、生徒で、免許が無くてもこども達が運用できるスクールコンタクトとなります。 交信日は現在未定ですが、国際宇宙ステーションや無線通信の学習、宇宙飛行士との交信(英語)などの事前学習会に 参加できることが条件となります。子どもたちにとってはきっと貴重な体験となることでしょう。
  詳しくはARISSスクールコンタクト(外部サイト)をご一読ください。

ARISS Logo   ARISSスクールコンタクトの活動については”ARISS”のページで詳しく紹介!

  


  南極昭和基地とロンビックアンテナをつかって交信しよう!

  無線倶楽部では南極昭和基地との交信実験にそなえ、高帯域、高利得のロンビック(ひし形)アンテナの建設を計画しています。一辺が約50 mになるこのアンテナは一時代前までは業務用として使われていましたが、衛星通信の時代となった現在では日本では使用されていないでしょう。 あえてこの古いテクノロジーのアンテナに挑戦する意味は、チャレンジ精神を実践すると共に我々おじさんのロマンでもあるのです。(2008年9月27日に南極と交信に成功しました)

  ロンビックアンテナは”こんな”アンテナです

  


  ダウンロードファイル
募集趣意書 (PDF:15KB) 

会則 (PDF:15KB) 

会員名簿 (2008年7月18日現在)個人情報保護の為不掲載です 

2008年度事業報告 (PDF:105KB) 

2009年度事業計画 (PDF:55KB) 

2010年度事業計画 (PDF:XXXKB) 

「西堀榮三郎先生のヤルン・カン登頂時のアマチュア無線通信」 文:荒川泰蔵氏 (外部サイト PDF:1.6MB)


  倶楽部設立の趣旨に賛同しご支援を頂いた団体名  (順不同)

(有)日栄ムセン滋賀店、(株)オリエントマイクロウェーブ、湖東信用金庫、 (株)ノセ精機、
丸喜建設(株)、(株)ナガラ電子工業、ヨシダ重機、(有)タカノ電気、黄地電工(株)

  



    Updated 2010/02/08
このサイトは Firefox 1.5.0.6 / Microsoft IE 6.0 以降で正しく表示されます。
スクリーンはXGA(1024x768)以上、フォントは中サイズでご覧頂くことを強く推奨します。
Frame,JavaScript等の機能が利用できないブラウザでは一部画面表示が異なります。
This Homepage is designed by Harry's Design Office
Copyright © 2008 Eizaburo Nishibori Memorial Explorer Museum Radio Club